頭痛治療について


たいていの人が一度は経験したことのある「頭痛」。
「頭痛持ち」という単語があるように、慢性的に頭痛を抱えている人は日本には約3000万人(国民の4人に1人)
いると言われています。
痛みのために生活に支障が出ていても、検査の結果は異常なし…。
頭痛は「遺伝だから」「体質だから」と諦めてはいませんか?
いつもバッグに頭痛薬をしのばせて生活していませんか?


実は、当院のスタッフ二人も、もともと頭痛持ち。
頭痛のつらい症状は、十分知っています。
だからこそ、出来ること。

「頭痛にコントロールされる生活ではなく、頭痛をコントロールする生活を。」

頭痛に悩む皆様を少しでも楽にすることが、我々の使命だと思っています。


*当院で扱う頭痛は「慢性頭痛(一次性頭痛)」
            と言われる命の危険が無い頭痛です。

 例としては、片頭痛・緊張性頭痛・群発性頭痛・後頭神経痛などがあります。
 くも膜下出血や、脳梗塞など脳や身体に病気があって起きる「二次性頭痛」の場合は、
 速やかに医療機関を受診して下さい。

 二次性頭痛はこんな症状を伴います。
 ・突然かなづちで殴られたような頭痛 ・麻痺や意識障害を伴う頭痛
 ・発熱、吐き気や嘔吐、けいれんを伴う頭痛 ・ぼけを伴う頭痛 ・短期間でだんだんひどくなる頭痛

頭痛治療の流れ



当院では東洋医学(経絡治療)と西洋医学(トリガーポイント鍼治療)を組み合わせてアプローチしていきます。
    初めに、詳しくお話を聞く問診。 
   東洋医学的治療(経絡治療)を行います。
   西洋医学的治療(トリガーポイント)を行います。


経絡治療


「病気」とは心や身体のバランスが崩れた状態のときに起こります。
「脈」「腹部の状態」「問診」からあなたの現在のお身体の状態を判断し、その都度使うツボを決めていきます。
主に手足の末端のツボが中心です。
それにより自律神経のバランスを整え、病気が治りやすい状態に導きます。

トリガーポイント鍼治療


筋肉の中に「筋硬結」ができると、その部分を押すと痛みを感じるようになります。
こうした筋肉の部位あるいはゾーンを「圧痛点」と呼んでいます。圧痛点の なかには、押すとその箇所が痛むだけでなく、ほかの部分に痛みが広がるものがあります。これをとくに「トリガーポイント」と呼びます。
おもに筋肉を包んでいる筋膜という組織に形成されるポイントのことで、このポイントが原因となり様々な痛みやコリなどのつらい症状を引き起こしているのです。
その原因となっているところを見つけ出して鍼を打っていきます。

薬物治療


市販でも気軽に手に入る「鎮痛剤」。
鎮痛剤を飲んでも効かないからと、服用する量がどんどん増えてはいませんか?
もしかしたら、今飲んでいるお薬が、あなたの症状にあっていないのかもしれません。

まずは、自分の頭痛が何であるかをしっかり見極め、それに合ったお薬を使うことが大切です。 
そのため、当院では必要があればクリニックに紹介しております。

生活指導


日常何気なくやっていることが、あなたの頭痛の原因になっているかもしれません。
「頭痛ダイアリー」
をつけて、頭痛が起きるパターンを掴み、一緒に原因を考えましょう。

運動療法


緊張性頭痛の場合、デスクワークなどで長時間同じ姿勢でいることにより肩こりになり、頭痛の原因となります。
頭蓋骨の重さは約4kg。それを支えるためには首や肩の筋肉がしっかりしていないといけません。
簡単な体操で首や肩の筋肉を鍛え、肩こりが起こりにくくします。
また、肩がこった時の簡単な体操の指導もいたします。

主な一次性頭痛の種類と対処法


日常良くある頭痛は、大きく分けると「緊張型頭痛」「片頭痛」「群発性頭痛」があります。
「緊張型頭痛」と「片頭痛」の両方の症状を併せ持つ方(混合型)もいらっしゃいます。
「緊張型頭痛」と「片頭痛」は対処法が違うため、ご自身の頭痛のタイプをしっかり把握することが大切です。

*緊張型頭痛
(特徴)
緊張型頭痛の発生には、身体的・精神的なストレスが複雑に関係していると考えられています。

無理な姿勢の維持や、長時間のパソコンの使用などによって、頭から肩にかけての筋肉が緊張し血流が悪くなると、乳酸などの疲労物質が筋肉にたまり、これが神経を刺激して痛みを引き起こします。
特に首すじの筋肉が弱い人ほど、頭部をしっかりと支えることが出来ずに頭痛を引き起こしやすい傾向があるようです。
また、精神的なストレスのみが原因で頭痛を発症するケースもあります。
精神的に緊張した状態が長時間続くと、脳の痛みを調整する部位が機能不全を起こし頭痛を引き起こしてしまうのです。
このように精神的ストレスを原因とする緊張型頭痛には生真面目な性格や几帳面さを持った人がかかりやすいと言われています。
 
 (症状)
  締め付けられるような鈍い痛みが特徴ですが、我慢できないほどではないのが普通です。
 数時間〜数日の頭痛が反復性に起こる場合(反復性発作性)と、持続的に毎日のように続く場合(慢性)があります。
 首や肩の凝りを伴うことが多く、他にも目の疲れや身体のだるさ、ふわふわとしためまいを伴うこともあります。

*片頭痛
(特徴)
 片頭痛は、頭部の血管が拡張し、炎症を起こして痛みが発生します。
 何らかの刺激によって、頭部の血管の周りを取り巻いている三叉神経が刺激され、
 それにより三叉神経の末端から血管を拡張させる作用を持つ様々な神経伝達物質が分泌されます。
 それらの働きで拡張した血管やそれによって発生した炎症が神経を刺激して「ズキンズキン」とした痛みを引き起こします。
 
 (症状)
  必ずしも肩が凝るようなことをしていないのに、なぜか頚の後ろが締め付けられるような感じで痛みが始まることが多いです。
 頭の片側や両側が脈打つようにズキンズキンと痛みます。
 頭を振ったり、身体を動かすことでその痛みは強くなります。
 痛みの激しいときは、寝込んでしまうため日常生活に支障をきたすことも少なくありません。
 吐き気や嘔吐を伴うことが多く、また普段は気にならない音や光、ニオイにとても敏感になります。
 頭痛は数時間〜三日程度持続し、月に1〜2回の頻度で発作的に起こります。
 また、片頭痛が起こる前に視野がかけたり、まぶしく感じるなどの前兆を伴うタイプの方もいます。

*群発性頭痛
(特徴)
 群発頭痛の原因については残念ながらまだはっきりとしていません。
 瞳孔が小さくなる、充血・鼻水・発汗といった自律神経症状を伴います。
 (症状)
 片側の目や、その周囲が突然激しく痛み、15分〜3時間くらい続きます。
 やがて自然に治まりますが、この痛みが1〜2ヶ月の間連日群発性地震のように起こります。
 20代〜30代の男性に多く見られます。


患者様へ

治療を受ける際は、出来れば症状が出ていない時にいらしていただくのが望ましいです。
頭痛のタイプは非常に細かく分類されており、また混合型のタイプも存在するため、頚や肩の凝りを感じるからと、そこをほぐしたり温めたりしてしまうと頭痛を悪化させてしまうことがあるからです。
もともと頚や肩の筋肉の緊張が強い方は、いろいろな周りのストレスの影響を受けやすくなっています。
そのため、筋の循環動態を正常化させ、自律神経のバランスを整えるなど、頭痛が起きていない間の定期的な治療が重要です。
また、頭痛が頻繁に繰り返されることにより、脳が痛みに対して過敏になり頭痛が慢性化することが知られていますので、一連の悪循環を断ち切り症状を改善させるためには、予防が大切なのです。

最近の研究で、鍼灸治療により頭痛の自覚症状が70%以上改善するまでの期間は平均19.2日、治療回数にすると平均4.5回という結果が出ております。
個人差はありますが、治療回数はそのくらいを目安にしていただきたいと思っております。

WHOの鍼灸適応疾患

WHOの鍼灸適応疾患■

■WHO(世界保健機構)認定
■鍼灸適応症疾患リスト

ご予約電話

完全予約制■
※ご予約はお電話のみとさせて頂きます。

※当日のご予約も承ります。

※ご予約のお時間に遅れる際は、
     必ずご連絡をお願い致します。

当院へのアクセス

■市ヶ谷駅より徒歩7分
■九段下駅より徒歩10分

月・火・水・金 11:30〜20:00
木・土     10:00〜15:00
定休日・日・祝

〒102-0074
東京都千代田区九段南3-8-13-502丸中ビル
03-6272-3625